〒164-0001 東京都中野区中野5-24-18
クロス・スクエアNAKANO 505

株式会社Fibonacci

  • 2019年9月5日
  • 松本 祥太郎

感覚による採用の限界

――まずはじめに、御社の事業内容と会社の規模についての説明をお願いします。

 

弊社のメイン事業は広告代理店業です。紙媒体とweb媒体の両軸で、全国のサロン様をブランディングし、付加価値を提供することが当社のメインサービスです。

 

紙媒体では、女性有名ファッション誌の中にある広告の枠を、全国のサロン様に販売して、「この雑誌に載りましたよ」という付加価値をもっていただきます。

Web媒体では、SEOやMEOを上位化し、認知度を上げることで集客に貢献しています。

 

会社の規模は、従業員数が8名。創業3期目のスタートアップ企業です。

 

――御社にはどのような採用課題がありましたか?

 

以前は中途しか採用していませんでした。ざっくりと求める人物像はあったのですが、どうすれば自分たちの欲しい層にピンポイントでアプローチをかけることができるのか。そういったノウハウが社内に全くなかったので、「こうしたら刺さるんじゃないか」という感覚による予測のもとで模索する日々でした。

 

つまり、「欲しい層を採るための的確な計画」や、「採用フローの設計が全くできてない」という課題だらけでしたね。

 

 

新卒採用の可能性を信じて

――新たに新卒採用をやろうと思ったきっかけは?

 

採用活動をやっていく中で、中途の市場はネガティブな理由で転職している人が大多数だということに気付きました。それなら、変に社会人としての考え方に染まっていない、かつポジティブなマインドで就職先を探している子たちを採用した方が良いんじゃないかと思いました。

 

たとえ育成に時間が掛かっても、長期的な目で見れば会社にもたらすメリットは中途よりも圧倒的に多いですよね。

 

――仰るとおりです。

 

ただ、それなりにコストのかかる新卒採用を始めるのなら、しっかりとした基盤をつくらないと無駄になってしまう。そういった中でノウハウを持つ人を探していた時に、ご縁があって松本さんを紹介していただきました。

 

――僕と会う前から新卒採用を始めようとしていた中で、他社は検討されていましたか?

 

いえ、真っ先に松本さんを紹介していただいたので、他社が議題に上がることはありませんでした。

 

――ありがとうございます!

 

 

決め手は“明確な提案”

――最終的に僕を選んでくださった決め手やポイントはなんでしょう?

 

一番の決め手は、「採用に直結する方法を明確にご提示いただけたこと」です。こちらの求めるものに対して変に回りくどい言葉ではなく、「こうすればこういう子が来ますよ」とハッキリ言ってくださった。

 

この方であれば、我々の求める人材を採るための方法を的確に示してくれるという確信が持てたので、初めてお会いした時にお願いしようと決めました。

 

――嬉しいお言葉です。導入して1年経ちましたが、採用において変化は見られましたか?

 

すごくシンプルなのですが、我々の求める層を的確に採用することができたのが一番大きいです。新卒(20卒)の活動を振り返った時に、自分たちのやり方では採れなかったであろう子たちだと改めて思いました。人数はもちろん、質の部分でも満足しています。

 

――ちなみに、今年のメンバーを見て“質”の部分を一言で表すと、どんな人が採用できたと言えますか?

 

そうですね、「我々と一緒になって頑張ってくれる子たち」ですね。

 

――御社は現在8名ですが、今後の採用はどのように人を増やしていきますか?

 

これからは新卒に注力していき、向こう3年は4〜5名ずつ採用して、その先はもっと人数を増やしていこうかなと考えています。

 

――ちなみに、これからの僕に期待することはありますか?

 

採用市場の情報も、一般に普及している情報だけではすくい上げられない部分もあります。なので、今後の採用市場がどうなっていくかという予測や見通しにはこれからも期待しています。

 

 

小規模だからこそできる差別化

――余談ですが、スタートアップやベンチャーを言い訳に新卒が採れないと嘆く方々が非常に多くて、その概念を変えるためにもお客様の声を載せたいと考えているんですよ。

 

なるほど。実を言うと、我々も最初はかなり不安でしたよ。

 

――そうだったんですね。

 

それこそまだ創業3期目で人数も少なく、他社との差別化を明確にできていたわけではないので。新卒の子たちに刺さる自信はなかったです。そんな中で松本さんに相談したら、「そうじゃない」と。

 

写真

 

実際に松本さんと一緒にお仕事するようになってから、我々の概念は覆されました。例えば、説明会をお洒落なカフェでやってみたりとか。良くも悪くも、ベンチャーに来る子たちってキラキラに憧れてる部分もあるので、最初の説明会ではいかに若くてイキイキしてる会社なのかを全面に出したり。

 

小さい会社ならではの、大手との差別化を図る方法をいろいろと教えていただけたことは大きかったです。

 

 

NOMALを紹介してもらいました。

――最後に、同じような採用の悩みを抱える社長さんや人事担当者さんに向けて、僕のサービスを紹介するとしたら?

 

あなたの会社が抱える採用の不安を確実に解消してくれる人ですよ、と紹介します。求める人材を採るにはどうしたらいいのか、その解決策を一緒に考えて導いてくれるのが松本さんです。

 

――ありがとうございます。

 

我々もそうでしたが、3〜4期目くらいのスタートアップやベンチャーは、どうしても新卒の採用に抵抗があると思うんです。自分たちではなかなか踏み出せない、そういう会社さんこそ松本さんに相談すると背中を押してもらえるんじゃないかと思います。

 

人数が少ない会社ならではの戦い方があって、その勝ち方も松本さんは知っている。そして、その勝利への道筋を松本さんが示してくれますから。

 

――褒め過ぎです、照れます。笑

 

当初、不安に思っていたところが逆に強みになっていったので、採用に不安に感じてる他社さんも「うちの会社なんか…」と思わずに松本さんにお願いしてみると良いんじゃないかと思います。

 

一方で本音を言うと、他社さんに松本さんを使われてしまうと我々との仕事が減ってしまうんじゃないか、という不安も…笑

 

――大丈夫です、しっかりやらせていただきますので。笑

 

紹介したいけど紹介したくない、みたいな葛藤ですね。

 

――最高の褒め言葉です!良い言葉ばかりでヤラせ感出てないか心配ですが、ありがたく使わせてもらいます。今後もよろしくお願い致します!

採用でお悩みの企業様はイチカラ採用にお任せください!
ご氏名
貴社名
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容